愛猫紹介


by lfssbf1zdm

<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 24日の沖縄県名護市長選で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の同市辺野古への移設反対を訴え初当選した稲嶺進氏(64)は25日、同市で記者会見した。稲嶺氏は「手始めに議会と協力して反対決議、あるいは意見書を決議してもらい、しっかりと政府や県に対して市民の意思を伝えたい」と述べた。

 鳩山由紀夫首相が移設先について「ゼロベースで国が結論を出す」と述べたことについては「今回の選挙(結果)は13年前の(移設反対が過半数を占めた)市民投票と同じで、これまで(の市長選)と違う。そのことをしっかりとくみ取っていただきたい」と強調した。

 政府内で同県伊江島や下地島など辺野古以外の県内移設案が浮上していることについては「全国の米軍基地の75%が沖縄に集中する中で、なお県内で普天間の代替施設を確保するのは無理がある」と指摘。さらに、政府内の一部で模索されている、同市辺野古のキャンプ・シュワブ内に統合・移転する陸上案については「陸だから良いということにはならない」と述べ、海上案と同様に反対する姿勢を明らかにした。【阿部周一】

【関連ニュース】
名護市長選:県外移設の圧力増す…米各紙が結果を詳報
津市長選:告示 新人と現職一騎打ちに
宮崎市長選:元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選
都城市長選:長峯誠氏が再選
延岡市長選:首藤正治氏が再選

文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で−新型インフル(時事通信)
<足利事件>92年2月7日の地検聴取テープ(2)(毎日新聞)
「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-30 13:18
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏を任意で事情聴取した。小沢氏は終了後に会見し、供述調書2通に署名したことを明かした上で、政治資金収支報告書への虚偽記載について「把握していない」と関与を全面否定。ゼネコンからの裏献金は「事実無根だ」と述べた。
 聴取は東京都千代田区のホテルで、午後2時ごろから4時間半にわたり行われた。特捜部は今後、小沢氏の供述内容を詳しく分析した上で、同氏の事件への関与について捜査を進めるもようだ。
 特捜部は市民団体から告発を受けたため、黙秘権を告知した上で被疑者(容疑者)聴取した。
 記者会見や聴取終了後に配布した文書で小沢氏は、収支報告書への記載内容について、「相談や報告は受けていない。帳簿や報告書を見たことはなく、内容を一つ一つ確認したことはない」と述べた。
 陸山会の土地購入に充てられた4億円の原資については、自宅を買い替えた際に差額として残った2億円など、1989年から2002年までに銀行口座から引き出した総額5億6000万円のうち、土地購入時に個人事務所で保管していた4億数千万円から貸し付けたと説明した。
 ゼネコンからの裏献金については、「水谷建設からもほかの会社からも、不正な金はもらっておらず、秘書や元秘書も受け取っていないと確信している」と述べ、特捜部にも同様の説明をしたという。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

「報道統制」の声 民主「検察リーク好ましくない」(産経新聞)
外貨準備の適正規模調査=圧縮なら円高助長も−菅財務相(時事通信)
生野のひき逃げ 容疑で工員逮捕(産経新聞)
独特の色彩、初の「“画家”忌野清志郎」個展始まる(産経新聞)
生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-29 00:42
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非を争点にした沖縄県名護市長選は24日投開票され、受け入れに反対する前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)が初当選を確実にした。

 1996年の普天間返還合意後、日米両政府が進めてきた同市への移設計画は、頓挫する公算が大きくなった。

 選挙戦は、稲嶺氏と、移設受け入れ容認派で自民、公明両党の支援を受けた現職・島袋吉和氏(63)(無)との一騎打ち。

 稲嶺氏は、移設反対の県民世論の支持を受けたほか、基地とリンクしない振興策の実施を訴え、景気低迷に苦しむ市民の支持を集めた。

 島袋氏は移設問題への言及を避け、受け入れの見返りとなる振興策で雇用や税収を増やした実績を前面に打ち出したが、支持基盤の保守層を切り崩された。

 名護市では97年に受け入れの賛否を問う市民投票を実施、反対票が過半数を占めた。しかし、98年以降に行われた3回の市長選はすべて容認派の候補が勝利。日米両政府は2006年、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)に移設する現行計画で合意したが、政権交代後に鳩山首相が見直しを表明し、「県外、国外移設」を望む県民世論が高まる中での選挙戦となった。

 政府・与党は2月第2週に開く「沖縄基地問題検討委員会」で各委員が新たな移設案を提示し、5月までに結論を出す予定。しかし、米国が「現行計画以外の選択肢はない」との立場を崩さず、移設先候補に挙がった自治体からは反対が相次いでおり、退路を断たれた厳しい状況に追い込まれた。

「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
考古学を一変?「卑弥呼の鏡は日本製」 桜井茶臼山古墳の波紋(産経新聞)
<八ッ場ダム>千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟(毎日新聞)
飛び降り死は18歳少年=万引き容疑、逃走中屋上から−大阪(時事通信)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-27 18:04
 司馬遼太郎の歴史小説「坂の上の雲」(文春文庫、全8巻)を英訳する計画が始まった。推進役の「日本文献出版」代表、斎藤純生さんと、翻訳者の一人で同志社女子大教授のジュリエット・カーペンターさんが20日、東京都内で会見を開き、明らかにした。著名な翻訳者3人の共訳で、2012年の出版を目指す。出版社の選定はこれからだという。

 仮題は「クラウズ・アバブ・ザ・ヒル」。

7歳長男傷害容疑で夫婦逮捕、長男はその後死亡(読売新聞)
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)
<ベルリン映画祭>山田洋次監督「おとうと」を記念上映(毎日新聞)
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす−高知地裁(時事通信)
「万引き、二度としてはならぬ」=摘発少年や保護者に動画−警視庁(時事通信)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-26 04:04
 事情聴取を終えた民主党の小沢一郎幹事長は、問題の土地の購入代金に充てた4億円の原資について、23日の記者会見や配布文書で説明した。

 原資の説明についてはこれまで変遷を続けてきたが、小沢氏はこの点を会見で追及されると、「説明をそんなに変えたつもりはない」と語るだけで、変遷の理由は説明しなかった。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」による土地購入の原資4億円について、小沢氏は今月16日の党大会で「私どもが積み立ててきた個人の資金」と説明。その前後、小沢氏側の弁護士は、「小沢氏の父からもらった金を信託銀行に積み立て、1997年頃に崩して小沢氏の自宅に置いてあった」としていた。

 しかし、この時期にこの口座から引き出されたのは3億円で、土地代金など計約3億5200万円に届いていなかった。小沢氏側の弁護士はその後、「口座は妻子の名義で、97年のほかに、01年にも6000万円を引き出した」と説明し、保管場所についても、「小沢氏の自宅」から「事務所の金庫」に変えた。

 さらに、この日の記者会見で配布した文書では、〈1〉85年に(東京都内の)湯島の自宅を売却して、深沢の自宅の土地を購入するなどした際の差額を銀行に積み立て、89年に引き出した2億円〈2〉97年に引き出した3億円〈3〉02年に引き出した6000万円――を事務所の金庫に保管し、これらのうち、残った4億数千万円の中から、土地代金を捻出(ねんしゅつ)したと記した。

 4億円の原資について、小沢氏側はこれまで別の説明をしていた。

 まず、07年2月、今回の問題の土地を含む同会の不動産取得の経緯などについて資料を公開した際には、同会が多数の不動産を保有していることについて「政治献金の有効活用」と説明。昨年10月、読売新聞が取材した際、陸山会は「4億円の定期預金を担保に銀行から受けた同額の融資」と回答していた。

 このような経緯について、この日の記者会見で「なぜ説明が変わったのか。国民はおかしいと感じている」と質問が飛ぶと、小沢氏は「説明をそんなに変えたつもりはない」「個人資産の中身をあえて公表する必要性もなかった」などと語ったが、なぜ「定期預金を担保にした融資」などと説明していたのかについては触れなかった。

東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)
<落語協会>柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-25 10:04
 前原誠司国土交通相は19日夜、日本テレビの番組に出演し、企業再生支援機構が日本航空の支援にかかわる最長3年の間に、日航と全日本空輸の国際線統合が必要かどうか見極める必要があるとの考えを示した。同相は夕方の会見で、大手航空会社2社体制の見直しに言及していた。一方、国内線統合は独占禁止法に触れる恐れがあり、検討対象にならないとの見通しも明らかにした。
 前原国交相は番組出演後、記者団に対し「大手2社体制は継続するかもしれないが、そうでない場合に(国際線統合は)一つの選択肢だと申し上げた」と説明。外資による日航買収をしやすくするため外資規制を見直すことについては、「慎重に考えるべきだ」と否定的な姿勢を示した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

「手を引いて…首を絞めて…」“自白”に追い込まれる菅家さん(産経新聞)
対日協調 米は優先 共同声明 普天間を封印(産経新聞)
<ハイチ大地震>インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
5月結論、地元の同意なしも=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-23 16:07
 鳩山由紀夫首相は22日午後の衆院予算委員会で、自身の元秘書2人が起訴された偽装献金事件で実母から提供を受けた多額の資金の使途について、「資料が検察から返ってきた時に、事務所費などお示しできるところはお示しする」と述べ、一定の範囲で公開することに前向きな考えを表明した。公明党の井上義久幹事長に対する答弁。
 同事件について、首相は先の衆院代表質問で「決着済み」との考えを強調。提供資金の使途に関しては「脱税の認識はない。不正な支出はない」と主張するにとどまっていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相
2次補正、28日成立=週明け採決合意
外国人参政権への反対明言=亀井氏

<脅迫容疑>交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪(毎日新聞)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
<小惑星探査機>「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)
<センター試験>東海3県は5万人64会場で(毎日新聞)
阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-22 22:34
 小沢一郎民主党幹事長が自らの資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で検察当局と全面対決する姿勢を示したことについて、東北各県の知事は18日、定例記者会見で見解を語った。同日開幕の通常国会は与野党激突で大荒れとなる見通しで、新年度予算案の成立の遅れを懸念する声も上がった。

 佐竹敬久秋田県知事は「国民、県民からすれば、田中角栄元首相、金丸信自民党元副総裁のときと同じ流れの出来事だろう」と受け止めた。小沢氏の姿勢については「新聞やテレビの世論調査を見ると説明責任を果たしていないとの回答が多数だ。わたしにもそういう思いがある」と述べた。

 16日の民主党大会で検察を激しく批判した小沢氏の言動を疑問視したのは村井嘉浩宮城県知事。「検察は正義の象徴のような存在。利害で動くような組織ではない。捜査に協力するのは小沢氏の立場なら当然だ」と指摘した。

 紛糾が予想される国会審議にも触れ「国の予算が確定しないと県はお金を使うことができない。国会で予算の早期通過を目指してもらいたい」と注文を付けた。

 民主党籍を持つ達増拓也岩手県知事は「(検察が)巨悪につながっていると考えたにしても、いきなり現職の衆院議員を逮捕する手順はおかしい」と検察を批判した。

 「逮捕が不当だとの声が民主党内からあまり出てきていない」とも語り、党の結束を求めた。


<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
赤坂晃容疑者 覚せい剤を使用した罪で起訴…千葉地検(毎日新聞)
悪天候 強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ−捕鯨問題(時事通信)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-22 01:23
 福岡県町村会参事らによる県幹部への裏金接待疑惑に絡み、県が設置した職員倫理調査委員会は19日、県庁で会合を開き、中島孝之元副知事を含む職員・退職者計13人に対する調査のスケジュールや内容を決めた。現役職員には、接待の有無などを尋ねる「申告書」と、誠実な回答を命じる麻生渡知事名の職務命令書を20日に配布。提出期限の29日の後、事情聴取の日程を決めるとともに、退職者に対しても聴取を前提に申告書を送付する。聴取は原則、9人の委員全員で行う。

 申告書は(1)県町村会、県市町村振興協会の職員と一緒に飲食やマージャン、ゴルフ、旅行をした(2)料金を支払わせた(3)チケットの提供を受け野球観戦をした−と事例を挙げたうえで、該当する場合は時期や場所、同席者、自己負担の状況などを記すよう求めた。

 提出期限後に調査委の会合を開き、内容を精査するとともに聴取の日程を決める。この会合の後、退職者への申告書送付、聴取を順次行う。

 申告書や聴取を通じて判明した内容は2月下旬の調査結果とりまとめまで非公表とする方針。永次廣会長(安川電機前特別顧問)は「途中で公表すれば調査に支障が生じることが懸念される」と説明した。

 調査委は今月14日の会合で、過去5年間に市町村支援課の課長、室長やその担当部長、次長などを務めた現役職員9人、退職者4人を調査対象とすることを決めている。

【関連記事】
元副知事の退職金を保留 裏金接待疑惑で福岡県
副知事接待の福岡町村会、職員ら詐取容疑で再逮捕
元副知事らの接待疑惑で福岡県の調査委が初会合
元部長らもクラブで接待 福岡県町村会の不正経理で
「接待ごとに裏金」起訴の福岡県町村会職員が供述

統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑−県警(時事通信)
【十字路】奈良・西大寺の名物行事「大茶盛式」(産経新聞)
鳩山政権に求めるのは「雇用・経済」 関西生産性本部が調査結果発表(産経新聞)
彬子さま、英国へ出発(時事通信)
久保が先勝=将棋王将戦(時事通信)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-21 08:11
 「人の痛みや苦労が分かるようにし、できる限りのことをしたい」。第88代警視総監に警察庁警備局長の池田克彦氏が18日、就任する。おおらかな人柄と豊富な知識、部下を思いやる心で全国最大の警察組織を率いる。
 警察を志した動機は純粋だ。「正義の味方になりたかった」。警察の仕事も、そうあるべきだと考えており、「正しいのに、被害を受ける人がいる。そんな人に力を与えたい」と付け加える。
 北海道洞爺湖、沖縄両サミットなどの重大警備に携わった。失敗の許されない多くの仕事を経て、「水面下の苦労を大切にしないと、成功はない」と学んだ。
 警視庁で機動隊長を務めたのは約25年前。隊員と寝泊まりした日々は忘れられない。「約600人と接したが、今も550人ぐらいの顔と名前を思い出せる」と話す。
 博識で知られる。ユーモアにあふれ、知識欲をくすぐる話を収めた「うんちくコラム総集編」「知恵の話(ちえのわ)」シリーズの著作がある。「はしがき」では「警察は単なるブラックボックスではない」と記した。
 日々の仕事や仲間のためにアイデアを出す。警視庁広報課長時代には、昇任試験の一助になればと、「刑法かるた」を作成。カラーガード「MEC(メック)」の創設にも尽力した。
 話術で人を引き付け、仕事の意欲も導き出す。「大学時代に劇場に通っていたら、吉本興業に誘われた」と笑う。
 長所と短所は、ともに「決断が速い」。趣味は歴史散歩で、古地図を見て歩くのを好む。
 神戸市出身で、家族は妻、長女、長男、次男。56歳。 

【関連ニュース】
警視総監に池田氏=米村氏が勇退
APEC、厳しい大警備=北朝鮮の金総書記は健在-09年「治安の回顧と展望」
APEC警備を盤石に=関係課長会議で警察庁長官

批判の中、民主執行部「小沢体制」崩さず(読売新聞)
<第二東京弁護士会>駅員暴行で有罪の弁護士を懲戒処分(毎日新聞)
中央防災会議 被災地生活支援の特別立法を検討(毎日新聞)
民家侵入、警察官の前で放火…近くで11棟火事(読売新聞)
外国人参政権法案 小沢氏、政府提出に固執(産経新聞)
[PR]
by lfssbf1zdm | 2010-01-20 10:11